フレコンを使った超小口リサイクル便は栄鉄鋼商事株式会社へお任せください。

1m³、小さいことの経済性超小口リサイクル便

超小口リサイクル便とは

1m³(カゴ台車)単位での資源リサイクルを、栄鉄鋼商事はスタートさせます。
これまでビジネス領域でのリサイクルでは、たとえ少ない排出量であってとしても、トラック1台あるいは8m³コンテナ単位での輸送を行うことが「常識」となっています。

このことが、過剰輸送コスト、不要物の長期滞留、過大な保管スペースなどの発生の直接的な原因となっています。また輸送単位が大きくなることで、発生時点で分別されていた資源であっても、トラックに載せる時には混合してしまい、結果として資源の有効な活用を妨げる要因の一つともなっています。

栄鉄鋼商事では、カゴ台車1m³単位で回収を行うことで、これらの問題を解消。合理的で経済的、そして環境にも配慮したリサイクルをサポートします。

「小さい」ことの経済性

「小さい」ことで達成される経済性があります。

確かに大量の廃棄物が発生する工場や建設現場などでは、「大きい」ことの合理性があります。
一方で、多くの事業所においては、不要物の発生は限定的であり、トラック1台分の量が発生するためには、相当の期間を要するケースも見受けられます。この場合、どのようなことが起こるでしょうか?

まず散見されるのが不要物の長期滞留と保管スペースの不足です。トラックに見合う量を確保しようとするため、本来は清算的業務にあてるべきスペースが長期間に渡り使用できない例は多く見られます。
また、このような弊害を防ごうと、少ない量であっても車を手配するケースもあります。この場合、結局単位当たりの車両費が割高になり、コスト面での課題が残ります。さらに、これを避けようと、種類の異なる資源や資材を積み込むとリサイクル性が失われ、場合によっては処理費用が高くなることになります。

栄鉄鋼商事の「超小口リサイクル便」では、カゴ台車の利用により1m³からの利用が可能です。私達の特徴の一つ、小口集荷システムを生かすことで、物の量に応じた輸送費のみをご負担して頂くだけで、適正なリサイクルを行うことが可能。
広い保管場所を確保する必要性もなくなります。

お困りのことはございませんか?

創業47年、歴史と経験が裏付けるサービス内容で、お客様のお困りごとを解決するためのご提案を致します。
産業廃棄物、運送に関することでなにかお困りのことはございませんか?
お客様の不安、不満を解決して、業務を円滑に進めるための環境を構築致します。